Lumion Lumion Revit

【LUMION✕Revit③】Revitの困りごと:Revitの使い方 /自作のマテリアルを他人と共有するには?

  1. HOME >
  2. Lumion >

【LUMION✕Revit③】Revitの困りごと:Revitの使い方 /自作のマテリアルを他人と共有するには?

はじめに

*この記事はLumionの公式ブログの為に執筆したものです。

【LUMION✕Revit】シリーズの第3回目です。

この記事はRevit ユーザーの皆さまのために「LUMIONを活用するにあたって知っておきたいRevitのこと」について書いた記事です。

1回目は『マテリアル分け』

2回目は『マテリアルの作り方』でした。

【LUMION✕Revit②】Revitでマテリアルを作ろう!

続きを見る

今回は「自作のマテリアルを他人と共有するには?」です。

 

Revitユーザー様からのご相談

マテリアルについての記事が続いていますが、

shiba
自分が作ったデータを社内でスタッフに渡しても「テクスチャがありません」、と言われます。 どうすれば良いか困っています。

という相談を受けました。

BIM360は使用しなくても共有ができるので説明をしたいと思います。

方法としては「マテリアルライブラリ」を作成し、そのデータを共有します。そうすると、他人、また自分で他のパソコン(例えば自宅のパソコンで開いても)マテリアルは使用可能になります。

*「共有」という言葉を使用していますが、ファイルをコピーして渡してあげればOKです。

画像1

マテリアルを共有する

例:オリジナルでクロスA、 クロス B、 クロス C, クロス Dを作成したとします。

 

1.マテリアルライブラリの 左下の アイコンをクリックし、「新規ライブラリを作成」をクリックします。

 

2.名前を付けて保存します。ここでは〇〇事務所オリジナルマテリアルセットという名前にしました。

画像3

 

3.ライブラリパネルを表示をクリックします

画像4

 

4. 〇〇事務所オリジナルマテリアルセット が表示されました

画像5

 

5.作成したマテリアルをクリックして選択し、①右クリックし②追加先にマウスを合わせ ③〇〇事務所オリジナルマテリアルセット を選択します

画像6

 

6.マテリアルが 〇〇事務所オリジナルマテリアルセット の中に入ります。

画像7

Autodesk(オートデスク)

これで完成です。

〇〇事務所オリジナルマテリアルセット .adsklibというファイルができます。これと画像ファイルも必要になります。どこにいったかわからなくなるのを防ぐ為にホルダーにまとめておくといいですね。

画像8

 

ファイルはどこにあっても構いません。通常adsklibファイルは

:¥Program Files (x86)¥Common Files¥Autodesk Shared¥Materials¥<製品バージョン>にあります。

テクスチャの画像の場所が変わると、画像を探せなくなります(リンクが崩れてしまいます)

画像9

作成したファイルを各自で使用する方法は、【LUMION✕Revit①】Revitでのマテリアル分けについてのブログの中の最後の配布データの使用方法を参照してください

よく使用するものをこの中に入れておいていつでも使えるようにしておくと便利ですね!ご存知なかった人は是非試してみてください♪

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。udemy講師。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+uUdemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で447名と累計1006名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-Lumion, Lumion, Revit

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5