VR

バーチャル美術館はメタバースで

2022/5/18

バーチャル美術館の建設がなかなか進んでいなかったのですが、メタバース空間に建てるとこにしました。 メタバース空間に決めた理由は、無料で出来ること、沢山の方に見て頂くことができるからです。 「美術」だけに限定せず展示場やステージも作成をして利用して貰うような形にしたいと思います。なかなか具体的な絵を公開できないのですが、準備等を少しづつ進めています。 ところで 昨日はclusterを視察に行ってきました。   こちらは「バーチャル大阪」です。   Vroidで作成したアバターで行ってみま ...

ReadMore

Revit Twinmotion

Revit→fbxファイルについての質問とTwinmotionのプラグイン その1

2022/6/6

Revit→fbxデータについて 先日、ある方から 「Revitのデータをfbxに書き出して貰ったデータがあるのですが、テクスチャが剥がれて真っ白になっています。書き出す時の設定に問題があったのではないかと思うのですがどうしたら良いでしょうか?」 という相談を受けました。 2年程前にも、cinema4Dを使用されている方にfbxデータに書き出したものをお渡しして一緒に検証をしたことがありますが、その時もテクスチャが反映されていないようだったことを思いだしつつ調べてみました。 Revitからfbxに書き出さ ...

ReadMore

Twinmotion

Twinmotion2022 使い方/点群データを取り込む方法

2022/6/6

バージョンアップにより点群データを取り込めるようになったので、点群データを取り込む方法について解説したいと思います。 今回は、G空間情報センターの静岡県熱海市三次元点群データをダウンロードしてインポートしてみます。 データの種類 点群データには、様々な拡張子がありますが、今回は「las」データを使用しました。 Twinmotion2020では txt,  xyz,  pts,  las,  laz  形式のデータのインポートをサポートしています。   データのインポート 1)「インポート」をクリ ...

ReadMore

Twinmotion

Twinmotion2022 使い方/人物をシルエットにすることはできないのでしょうか?

2022/6/6

初心者の方から質問がありました。 質問者Timomotionでは人物をシルエットにはできないのでしょうか? できますよ。2D画像を使ってシルエットにする方法をご紹介しますねshiba 人物をシルエットにする方法 1.ライブラリの中の「キャラクター」の2D人物をクリックします。   2.2D人物をドラッグアンドドロップで配置します   3.人物が配置されました   画像が「ON」になっているので「OFF」に切り替えます。 画像が消えました。   4.「色」をクリックし ...

ReadMore

Twinmotion

Twinmotion2022 使い方/ Twinmotion Cloudでクライアントにプレゼンをしよう

2022/6/6

今回は、Twinmotion Cloudの使い方について解説します。 「Twinmotion Cloud」はURLとパスワードをクライアントに送ることでソフトがなくてもTwinmotionのデータを見ることができます。 パソコンの場合はマウスで、スマホでは指を動かすことで空間内を移動することができます。 それでは実際に使い方を見てみましょう。 Twinmotion CloudでURLとパスワードを取得する ①データが完成したら「クラウドへプッシュ」をクリックします。   「クラウドにアップロード ...

ReadMore

Twinmotion

Twinmotion2022 使い方/内部マテリアルの貼り方・外部マテリアルの貼り方

2022/6/6

「マテリアルの貼り方」について過去の記事でTwinmotion内部のマテリアル、外部マテリアルの貼り方の記事を別に書いていますが、最新のバージョン(2022)で内部と外部のマテリアルの両方の貼り方について書きたいと思います。 内部マテリアルの貼り方 1.一般的なマテリアルの貼り方 ① ライブラリのマテリアルをクリックします。   ② 使用したいカテゴリを選択します。ここでは「木材」を選択します。   ③ 使用したいフローリングを選択し、ドラッグアンドドロップします   ④ 幅 ...

ReadMore

Twinmotion

Twinmotion2022 使い方/時刻、月、方位、背景などインポート前後にする設定 

2022/6/22

今回は、インポート前後にする設定について解説していきます。 この解説では、日本語に言語を切り替えた状態で使用しています。日本語に言語を切り替える方法は 下記をご覧ください↓ 動画でご覧になりたい方はこちらをどうぞ インポート前の準備 インポートする前の準備として速度の設定をしておきましょう。 1.画面右側の中央「目」のアイコンをクリックします。   2.上から2番目の「速さ」のアイコンをクリックします。   3.一番下の「歩行者の速度1」に設定します。 この速度とは何かというと、マウス ...

ReadMore

Twinmotion

Twinmotion2022 使い方/照明その2:ダウンライト編

2022/6/6

Twinmotion2022 使い方/照明その1はたくさんの方にご覧いただきましてありがとうございます。 ご覧になっていない方はこちらをどうぞ↓ 今回は照明その2としてダウンライト編です。 1.「ライブラリ」のライトを選択します。   2.今回は「IES11」を選択し、ダウンライトの器具にドラッグアンドドロップで配置します。     4.明るさ、角度などの調整を行ったらShiftキーを押さえながらドラッグして手を離すと下のような画面が表示されます。 同じ設定にしたいので「イン ...

ReadMore

BIM Revit

Revitの折上げ天井の作り方

2022/1/7

Revitでの折上げ天井のモデリングの方法について解説します。 今回はファミリを作ったりせずに壁と天井を使って作る方法です。断面形状としてはこのような形です↓   1-1.準備:レベルを追加する 建築のタブの基準面の「レベル」をクリックし、レベルを追加します。ここでは低い方の天井の高さ(CH2400)と高い方の天井の高さ(CH2700)としています。(レベルA、レベルB)     *このレベルは垂れ壁を作りやすいように作成しています このレベルを展開図や断面図で表示したくなければ、レベルを選択し ...

ReadMore

Twinmotion

Twinmotion2022 使い方/照明その1:折り上げ天井編

2022/6/6

今回は照明について書きたいと思います。その1として折り上げ天井編です。 1.「ライブラリ」のライトを選択します。   2.「Neon light」を選択し、折り上げ天井にドラッグアンドドロップで配置します。   3.位置の調整をします。ライトは「ON」強度の数値の調整をし、巾は「長さ」のスライダーを動かして調整をします。   4.照明をコピーします。コピーは、Shiftキーを押さえたままマウスで移動をするとコピーができます。手を離すと下のような画面が表示されます。「インスタン ...

ReadMore

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5