BIM Lumion Revit

【Lumion✕Revit⑩】 折上げ天井を作ろう!前編

  1. HOME >
  2. BIM >

【Lumion✕Revit⑩】 折上げ天井を作ろう!前編

今回は、折上げ天井の作り方の前編として、Revitでの折上げ天井のモデリングの方法について解説します。

後編で、LUMIONでの間接照明の入れ方を解説する予定です♪

今回はファミリを作ったりせずに壁と天井を使って作る方法です。断面形状としてはこのような形です↓

画像1

1-1.準備:レベルを追加する

建築のタブの基準面の「レベル」をクリックし、レベルを追加します。ここでは低い方の天井の高さ(CH2400)と高い方の天井の高さ(CH2700)としています。(レベルA、レベルB)

画像2

 

*このレベルは垂れ壁を作りやすいように作成しています

このレベルを展開図や断面図で表示したくなければ、レベルを選択し、右クリックをし、ビューを非表示→「要素」をクリックすれば非表示になります。

画像3

 

Autodesk(オートデスク)

1-2.天井伏図に参照面で下書き線を描く

① プロジェクトブラウザを「天井伏図」に切り替え、1FLをクリックします。

画像4

 

② 「建築」のタブの「基準面」の「参照面」をクリックします。

画像5

天井の範囲と壁の位置の下書きをします。

 

 

画像6

 

 

内側の2本線は間接照明を隠す為の壁のラインです。外側の線は、高い方の天井線です。

2.天井を入力する

③「1FL」 に合わせ、 「建築」のタブの 「天井」をクリックし、

画像7

 

今回はプロパティは天井無地を使用しています。(Revit2021)

基準レベルは1FL、オフセット2400としました。(低い方のCH)

画像8

 

「天井をスケッチ」をクリックします。

画像9

 

④下図の①の描画の「長方形」をクリックし、下図のように天井面の範囲を囲い、②の編集モードを終了をクリックします。

画像10

画像11

低い方の天井が完成しました。

 

⑤上の天井の同様に作成します。 基準レベルは1FL、オフセット2700としました。(高い方のCH)

画像12

 

画像13

 

⑥垂れ壁を作成します。平面図のレベルAで

基準レベル:レベルA オフセット42(天井の厚み高さ)上部レベル:指定 指定高さ300としました。

画像14

 

 

画像15

 

⑦ 間接照明を隠す為の壁を作成します。平面図のレベルAで

基準レベル:レベルA オフセット42(天井の厚み高さ)上部レベル:指定 指定高さ108としました。

画像16

 

画像17

 

完成です

画像18

 

次回はこれをLUMIONにインポートして仕上げていこうと思います。

 

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。udemy講師。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+uUdemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で447名と累計1006名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-BIM, Lumion, Revit

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5