VR

バーチャルツアーの作り方 その5:オススメアプリ3選ー2 Matterport

  1. HOME >
  2. VR >

バーチャルツアーの作り方 その5:オススメアプリ3選ー2 Matterport

いままでのおさらい

バーチャルツアーの作り方について、その1からその3では、カメラについてご紹介しました。

バーチャルツアーの作り方 その3:カメラについて Matterport pro2・LEICA BLK360

続きを見る

その4では、おススメアプリ3選としてRICOH 「THETA360biz」についてご紹介しました。

バーチャルツアーの作り方 その4:オススメアプリ3選ー1 RICOH THETA biz360

続きを見る

今回はおススメアプリ3選の2つ目として「Matterport」をご紹介します。

■全国送料無料!■海外からのお取り寄せ商品のため、お届けまでに通常2〜3週間ほどお時間を頂戴しており...

Matterportの特徴

特徴1.ドールハウス表示

一番の特徴は、ドールハウス表示です。完成したものを公開すると、初期画像がドールハウスから始まります。

 

特徴2.  撮影をすると同時に平面が自動的に完成する。

撮影はアプリをipadにダウンロードして行います。撮影と同時にバーチャルツアーを作成していくので、画像を撮影した後でツアーを作成することはできません。したがって、現実に存在する空間のみ使用できます。

 

特徴3.  自由に動き回れる

床に撮影箇所に毎に白い〇がついていますので、それをクリックしていくことで自由に動き回ることができます。それはまるでGoogleのストリートビューのようです。

 

特徴4.高品質なバーチャルツアーが作成できる

カメラは、その1からその3迄でご紹介した全てのカメラが使用可能です。その中でも高画質のカメラを使用することで高品質なバーチャルツアーが作成できます。

ですので、学術的に貴重なものを残す、芸術関係等、品質の高いものを求める場合は、一番オススメです。

料金

アプリを使用するには、クラウド契約が必要です。金額は、Professionalのコースで月6900円です。

このコースで、25のアクティブスペースと5ユーザーの使用が可能です。

 

今、建築業界では大注目のMatterport。iphoneには、無料のMatterport のアプリがありますので、そちらで体験をしてみると良いですね。

Matterport iphoneアプリ 無料

 

今、Matterport社が10周年記念で 「Mattrtport Pro2」3Dスキャナーがな、なんと1000ドルオフのようです!ずっと気になってい方はチャンスです!

Matterport Pro2

Autodesk(オートデスク)

 

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+Udemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で526名と累計1085名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-VR

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5