VR

バーチャルツアーの作り方 その2:カメラについて Insta360 ONE X2

  1. HOME >
  2. VR >

バーチャルツアーの作り方 その2:カメラについて Insta360 ONE X2

バーチャルツアーの作り方 その2です。

前回は、バーチャルツアーを作るには何が必要なのか、と360度カメラの「RICOH THETA」について解説しました。

バーチャルツアーの作り方 その1:カメラについて RICOH THETA

続きを見る

今回は『Insta360』について書きたいと思います。

360度カメラ 『Insta360 ONE X2』

Insta360 ONE X2

『Insta360 ONE X2』は、バーチャルツアーを作成するカメラとしては、一般で使用できるカメラで、RICOH「THETA」とサイズ、価格帯等、近いので購入の際の比較対象になると思います。

特徴

外観はTHETAと似ていますが、本体の中央に丸いモニターが付いています。手振れ補正機能、5.7Kの超高解像度での撮影など、さまざまな機能がありますが

嬉しい機能としては、

・10メートル防水

水の中での撮影をしない場合でも、雨で塗れたり水溜まりににうっかり落としても安心ですね。

・見えない自撮り棒

自撮り棒が見えないので、まるでドローンで撮影したような映像になります。これは嬉しいですね。

価格は定価で55,000円です。

【注意事項】

このカメラは、スマホにWifi接続し、アクティブベーションしないと撮影ができません。

対応端末は

  •   ios : A11またはそれ以上のCPUを搭載する端末
  •   Android: Kirin 980またはそれ以上                                 となっています。

 

次回は、Matterport pro2, LEICA BLK360   についてご紹介していきます、お楽しみに。

 

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+Udemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で526名と累計1085名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-VR

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5