Revit ヴァーチャルツアー

バーチャルツアーの作り方 その6:オススメアプリ3選ー3 Metareal stage

  1. HOME >
  2. Revit >

バーチャルツアーの作り方 その6:オススメアプリ3選ー3 Metareal stage

いままでのおさらい

バーチャルツアーの作り方について、その4からは『オススメアプリ3選』としてその4ではRICOH THETA360.bizについてご紹介しました。

バーチャルツアーの作り方 その4:オススメアプリ3選ー1 RICOH THETA biz360

いままでのおさらい バーチャルツアーの作り方について、その1からその3までを振り返ってみたいと思います。 バーチャルツアーの作り方その1で、バーチャルツアーを作成するには「カメラ」と「アプリ」が必要で ...

続きを見る

オススメアプリ3選』としてその5ではMatterportについてご紹介をしました。

バーチャルツアーの作り方 その5:オススメアプリ3選ー2 Matterport

いままでのおさらい バーチャルツアーの作り方について、その1からその3では、カメラについてご紹介しました。 その4では、おススメアプリ3選としてRICOH 「THETA360biz」についてご紹介しま ...

続きを見る

今回は、オススメアプリ3選ー3 として『Metareal stage』についてご紹介をします。

Metareal stageの特徴

特徴1.ドールハウス表示

一番の特徴は、Matterportと同様ドールハウス表示です。Matterportと同様完成したものを公開すると、初期画像がドールハウスから始まるように設定することもできます

3DVR

Blue Line blogより

 

特徴2.  クリックすると移動ができる

床に撮影箇所に毎に白い〇がついていますので、それをクリックしていくことで自由に動き回ることができます。それはまるでGoogleのストリートビューのようです。この機能もMatterportと同様です。

 

特徴3.平面ビューがある

ツアーの平面ビューがあります。平面ビューから床の〇をクリックして3Dビューに移動することもできます。

 

特徴4.仮想空間のツアーの作成ができる

ツアーは、360°パノラマ画像を使用してアプリで作成をしていきます。現実空間だけでなく、仮想空間のツアーの作成が可能です。これはMatterportではできないことです。

こちらは、Revitで作成した仮想空間のバーチャルツアーです。

Revit木造サンプル 提供:Metareal-Umezawa様

 

Autodesk(オートデスク)
特徴5.部屋の作成方法は画像をインポートして部屋の範囲を指定していく

ツアーの作成は、theta360.bizやMatterportと大きく異なります。画像をアプリにインポートし、床の範囲を指定していきます。次に天井高さを指定します。この作業は少しコツがありますので、アプリに慣れる必要があります。

 

↑アプリの編集画面

特徴6.  その他

・ストリートビューに公開することができる

・カメラはRICOH THETA、Insta等が使用できる などがあります。

 

料金

アプリを使用するには、クラウド契約が必要です。金額は、プロフェッショナルのコースで月9.95$です。ストレージは5GBです。

定期的にツアーを行うのであればプレミアムのコースで月39$です。ストレージは50GBです。コスパの良さではオススメアプリの中で一番ですね。

 

ツアー作成に少しコツが必要ですので、アプリを入手してその日に撮影⇒ツアー完成・・・とはいきませんが、価格的にリーズナブルで、仮想空間にも使用ができるのはメリットが大きいです。まずは無料版で試してみてもいいですね。使い方は、日本語はありませんが、Youtubeでも公開されています。

HPはこちらからMetareal stage


 

おススメアプリ3選いかがでしたか?

それぞれのアプリに利点があります。気になったらまずは無料版で試してみましょう♪

 

-Revit, ヴァーチャルツアー

© 2021 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5