VR

2021年を振り返るその1 建築業界とVR・デジタルツイン

  1. HOME >
  2. VR >

2021年を振り返るその1 建築業界とVR・デジタルツイン

shibatamaです。新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

今月は2021年を振り返ってみたいと思います。今回は1回目として「建築業界とVR・デジタルツイン」について書きたと思います。

2021年はバーチャルツアーに注目をし、記事を書いてきました。バーチャルツアーの作り方として、使用するカメラについてとしてRICOH THETA、Insta360、matterport等についてご紹介をさせて頂きました。

バーチャルツアーの作り方 その1:カメラについて RICOH THETA

続きを見る

RICOH THETAは建築現場でかなり活用されるようになったように思います。(私もRICOH THETAを持っています。画質も良く、小さくて持ち運びも便利なところがいいです)またmatterportについては、建築業界で大きな注目を浴びました。

この記事を書いた頃には「matterport」と検索をすると日本のサイトは数件の業者のHPのみしかありませんでしたが、今ではmatterportを使用した多くのサービスがあります。FacebookやInstagramにも多くの広告を見るようになりました。

noteにも記事をかかれているAIOI OFFICE様もmatterport での撮影サービスを行っている企業の1つです。↓

AIOI OFFICE

バーチャルツアーについては、2ー3年前に大手住宅メーカーがVRによるバーチャル展示場を始めるという発表がありました。それからしばらくの間はVRの活用は定着しませんでしたが、コロナによる影響もありこの1年足らずでバーチャルでのサービスが急速に進みました。また、ここでもmatterportは活用されています。

 

大手住宅メーカーにみならず、多くの住宅会社のHPでバーチャルツアーを使用して自社の住宅を紹介しています。

また、建築関連のショールームも、HPでバーチャルツアーで商品を見られることが珍しくなくなりました。こちらはパナソニックのバーチャルショールーム↓

パナソニックのバーチャルショールーム

こちらは、東リのバーチャルショールームです。東リのショールームは、リアルショールームを撮影してバーチャルにしたものではなく、仮想空間に展示をしているのですがとても良くできた展示場です。
ショールーム

 

 

今後も、どんどんバーチャルの世界が私たちにとって浸透し、特別なものではなくなっていきそうですね。( ^ω^)・・・

余談ですが・・・私自身は、バーチャル美術館を建設予定でしたが、現在諸事情により工事が中断しています。

バーチャル美術館制作プロジェクト 【その1】 仮想空間に美術館を造ることになりました

続きを見る

時間的な事情で止まってしまっていますが、やめた訳ではないので、また時期がくれば再開したいと思います。

それでは今日はここまでとします( ^ω^)・・・

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。udemy講師。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+uUdemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で447名と累計1006名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-VR

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5