BIM

BIMソフトは何をマスターするべきか⁉

  1. HOME >
  2. BIM >

BIMソフトは何をマスターするべきか⁉

これまでのお話(BIMのメリット)

前回まではBIMのメリットについて説明してきました。下記記事をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ。↓

BIMのメリット

続きを見る

テレワーク✖BIM(BIMのメリット2)

続きを見る

まだまだもっと大きなメリットはあります。少し専門的になりますが、

意匠、構造、設備の食い違いのチェックができる

構造と設備の干渉チェックができる

・建築性能、環境性能などのシュミレーションができる

など、様々なメリットがあります。

代表的なBIMソフト

では、どのBIMソフトをマスターして活用するのがいいのでしょうか。

代表的なBIMソフトとして

・Autodesk社のRevit

・GraphisoftのArchicad

・A&AのVectorworks

・福井コンピューターのGLOOVE

があります。

その中でも特にRevitArchicadはBIMの代表的なソフトといえます。

Autodesk(オートデスク)
 

では「どちらのほうがいいの?」ということについてですが、

もしあなたが就職したい企業や事務所があり、そこがBIMのソフトを使っているのであれば、そのソフトをマスターするべきです。

参考に私がなぜRevitを勉強したかという理由を書いておきます。

私は6年ほど前に建築の専門学校で、BIM教えることになりました。どのソフトがいいのか、という検討の際に学校からの要請で「Revitを使えたら〇〇〇から求人を貰えるからRevitにで」ということになりました。ですので状況に合わせてという部分もあると思います。

ご参考になれば幸いです。

 

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。udemy講師。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+Udemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で477名と累計1036名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-BIM

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5