VR メタバース

clusterのワールド制作・海が見えるオフィスその5

  1. HOME >
  2. VR >

clusterのワールド制作・海が見えるオフィスその5

Clusterのワールドにオフィスを作成しながら途中経過をアップしています。

前回は2階にギャラリースペースを設けて屋上にあがれるようにしました。

clusterのワールド制作・海が見えるオフィスその4

続きを見る

今回は、せっかくの海のある場所なので、床は古い木の板を使用して壁はレンガに変更してみました。

ガラスのテクスチャの作り方をマスターしたので透明なガラスにできました。

 

階段が狭いと、PCでは問題ないのですがスマホで動かす時にうまく上がれなかったので幅を広く変更しました。

 

 

応接スペースの前の通路も狭くて動きにくかったので広くしました。(実際であればもとの幅で十分なスペースです)

 

メタバースでお客様に空間を体験してもらう場合、実際よりも少し幅が広くないと思うように動けなかったりします。また狭く感じるので若干幅も高さ(天井)も大きく取っておくほうが良さそうです。

お客様にはそのような説明もしておいたほうがいいですね。

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+Udemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で558名と累計1117名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。メタバースの空間作成を始めました。

-VR, メタバース

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5