Revit Twinmotion

Revit→fbxファイルについての質問とTwinmotionのプラグイン その1

  1. HOME >
  2. Revit >

Revit→fbxファイルについての質問とTwinmotionのプラグイン その1

Revit→fbxデータについて

先日、ある方から

「Revitのデータをfbxに書き出して貰ったデータがあるのですが、テクスチャが剥がれて真っ白になっています。書き出す時の設定に問題があったのではないかと思うのですがどうしたら良いでしょうか?」

という相談を受けました。

2年程前にも、cinema4Dを使用されている方にfbxデータに書き出したものをお渡しして一緒に検証をしたことがありますが、その時もテクスチャが反映されていないようだったことを思いだしつつ調べてみました。

Revitからfbxに書き出されたマテリアルは他の環境では反映できないようです。

cinema4Dを検証した際に、3dsMaxにもデータを移行しましたが同じAutodeskなので3dsMaxの場合はテクスチャについては問題はありませんでした。

Revitのデータを書き出す方法として、「Twinmotion Direct Link」のプラグインを使用してDatasmithファイルに変換する」方法があります。以前のプラグインはfbxファイルに変換しましたが現在はDatasmithファイルになっています。

次回、Twinmotion Direct Linkのプラグインを使ってDatasmithデータの検証をしてみたいと思います。cinema4Dはサポートされているソフトの1つになっています。

プラグイン自体は無料で、Twinmotionのソフトを使用しているかどうかとは関係なく使用ができます。

今回は「Twinmotion Direct Linkのプラグイン」のダウンロードをするところまでをご紹介します。

「Twinmotion Direct Linkのプラグイン」のダウンロードの方法

1.Twinmotion のプラグイン  にアクセスします。

 

2. 「Revit向け」DATASMISHエクスポータープラグインの「ダウンロード選択」をクリックします。

 

3.「今すぐダウンロード」をクリックします。

 

4.ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。

 

5.セットアップウィザードが起動します。「次へ」をクリックします。

 

 

6.「使用許諾契約書に同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

 

 

7.使用しているRevitのバージョンを選択し、「インストール」をクリックします。Revit0223にはまだ対応していません。

 

 

 

インストールが完了しました。

 

 

インストールが完了してからRevitを開くと、下の画像のように「Datasmith」のタブができます。

 

 

次回は、Revitでのエクスポートの方法と、データの検証をしてみたいと思います。

 

 

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。udemy講師。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+uUdemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で447名と累計1006名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-Revit, Twinmotion

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5