Twinmotion

Twinmotion2023.2.2 使い方①『Twinmotionはじめの一歩』言語を日本語に切り替える方法

  1. HOME >
  2. Twinmotion >

Twinmotion2023.2.2 使い方①『Twinmotionはじめの一歩』言語を日本語に切り替える方法

Twinmotionの記事を何本か書いてきましたが、バージョンが2023.2.2になりましたので、リライトしたいと思います。

Twinmotionは、『BIMと相性のいい建築ビジュアライゼーションソフトとは?』【価格編】【動作環境編】でもご紹介をしましたが

BIMソフトと相性が良く、コストもリーズナブルで、操作も簡単です。設計者の方にも使いやすく、少し勉強すれば誰でもフォトリアルなCGを作ることができます。

今まで気になっていたけれど、時間がなくて使えるようになっていないあなた、この機会にTwinmotionをマスターしませんか?

まず、起動すると言語が英語になっていますので、「日本語に切り替える」ところから始めましょう。

日本語に切り替えるだけでも、マスターできそうな気がしてきませんか?

1. 画面左上の「Edit」のタブをクリックし①、

「Preferences」を選択します②

 

 

2.「APPEARANCE」タブをクリックし①、

「Language」をクリックします②。

初期設定で「English」になっていますが「日本語」に切り換え③、「OK」をクリックします。

 

 

 

言語が日本語に切り替わりました。

以下はブログです。

Twinmotionの使い方・初心者の困りごと【その5】 3Dテクスチャデータの使い方・ファイル形式がいろいろあるのですが・・・

続きを見る

 

 

Twinmotionの使い方・初心者の困りごと【その4】 外部のテクスチャはどうやって使用するんですか?

続きを見る

お知らせ

下記の書籍でRevitでモデリングし、Twinmotionでレンダリングする方法を解説しています。↓モデリングデータはダウンロードできますので、Reviのソフトを持っていなくてもTwinmotionの勉強のみも可能な構成になっています。(解説はTwinmotionは2023.1Preview1)

こちらの書籍ですが、出版社のご協力により、こちらのQRコードよりご購入頂くと2つの特典をご用意しました!
1. 1割引き&送料無料お届け
2. 2章の基本操作のRevit2024の動画解説視聴ができます。
(書籍は2023バージョンで執筆しています)
書籍には、モデリングデータがダウンロードできるようになっています。Revitをもっていなくてもモデリングデータを使ってLumion、Twinmotionの章を学習することもできます。
 スキルアップに是非ご活用ください。
*個人申し込みのファーストトレーニング、企業向けのファーストトレーニングも行っております。
  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。建築系教員。各種講習の受講者は累計1327名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。メタバースの空間作成を始めました。

-Twinmotion

© 2024 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5