Twinmotion

Twinmotion2021・2022 使い方③『Twinmotionはじめの一歩』静止画のレンダリング方法

  1. HOME >
  2. Twinmotion >

Twinmotion2021・2022 使い方③『Twinmotionはじめの一歩』静止画のレンダリング方法

静止画のレンダリング方法について解説をします。

①画面左下のメディアをクリックします。

画像1

 

② 静止画をクリックします。

画像2

 

③アングルを設定したら静止画作成をクリックします。

画像3

 

④アングルが保存されました。

画像4

別のアングルを作りたい時は、プラスマークの静止画作成をクリックするとアングルが追加されます。

名前は「静止画1」「静止画2」のように順番に自動で作成されます。

 

⑤書き出しは左側一番下のエクスポートのアイコンをクリックします。

画像1

 

⑥静止画の紫の「無し」をクリックし、レンダリングしたいアングルを指定します。

画像2

下の画像はアングルが1つしかありませんが複数ある場合は、全てまとめて選択をすると一度にレンダリングができます。

画像1

⑦エクスポートをクリックします。

画像3

 

⑨保存場所のホルダーを選択します。

画像4

 

⑩レンダリングができました。Twinmotionの画面は横に長いので不要な部分をトリミングしましょう。

画像6

おすすめの本 Twinmotionデザインテクニック wanimation著

 

お知らせ

Twinmotion2022の動画をアップロードしました。是非ご覧ください。

 

 

 

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+Udemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で558名と累計1117名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。メタバースの空間作成を始めました。

-Twinmotion

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5