Twinmotion

Twinmotion2022 使い方/内部マテリアルの貼り方・外部マテリアルの貼り方

  1. HOME >
  2. Twinmotion >

Twinmotion2022 使い方/内部マテリアルの貼り方・外部マテリアルの貼り方

「マテリアルの貼り方」について過去の記事でTwinmotion内部のマテリアル、外部マテリアルの貼り方の記事を別に書いていますが、最新のバージョン(2022)で内部と外部のマテリアルの両方の貼り方について書きたいと思います。

動画をアップしましたので、こちらもご覧ください。

内部マテリアルの貼り方

1.一般的なマテリアルの貼り方

① ライブラリのマテリアルをクリックします。

画像3

 

② 使用したいカテゴリを選択します。ここでは「木材」を選択します。

画像3

 

③ 使用したいフローリングを選択し、ドラッグアンドドロップします

画像4

 

④ 幅は「縮尺」のスライダーや数値で調整します。

画像6

 

2.色の調整をしたい場合

「色」をクリックすると「カラーピッカー」の画面が表示されます。ここで色の調整をすることができます。

画像7

 

3.方向を変えたい場合

「縮尺」の右下にある「詳細」をクリックします。

画像11

 

② 「回転」のスライダーまたは数値を調整して方向を変えます。

画像10

 

 

外部マテリアルの貼り方

①「色」の右下にある「詳細」をクリックします。

画像3

 

② 「テクスチャ」の右側の文字をクリックします。

画像4

 

 

③ 「テクスチャ」の詳細画面が表示されるので「開く」をクリックします。

画像5

 

おすすめの本 Twinmotionデザインテクニック wanimation著

 

④テクスチャファイルを選択します。(jpegデータ)

画像7

 

⑤ 凹凸のデータは「設定」をクリックします。

画像8

 

⑥ 「バンプ」の右下にある「詳細」をクリックします。

画像9

 

⑦ 「ノーマルマップ」の右側の文字をクリックし(1)、詳細画面の「開く」を選択します(2)。

画像12

 

⑧ ノーマルマップファイルを選択します。このデータは「NRM」という名前が最後についています。

画像13

 

3Dテクスチャデータは、全てに「ノーマルマップ」データなども一緒についてくる訳ではありません。画像のみのものもあり、サイトのデータにより異なります。

ご参考にしてください。

 

 

お知らせです

お知らせ

Twinmotion2022の動画をアップロードしました。是非ご覧ください。

 

 

 

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+Udemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で558名と累計1117名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。メタバースの空間作成を始めました。

-Twinmotion

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5