Twinmotion

Twinmotion2022 使い方/照明その1:折り上げ天井編

  1. HOME >
  2. Twinmotion >

Twinmotion2022 使い方/照明その1:折り上げ天井編

今回は照明について書きたいと思います。その1として折り上げ天井編です。

1.「ライブラリ」のライトを選択します。

画像7

 

2.「Neon light」を選択し、折り上げ天井にドラッグアンドドロップで配置します。

画像1

 

3.位置の調整をします。ライトは「ON」強度の数値の調整をし、巾は「長さ」のスライダーを動かして調整をします。

画像2

 

4.照明をコピーします。コピーは、Shiftキーを押さえたままマウスで移動をするとコピーができます。手を離すと下のような画面が表示されます。「インスタンス」でOKにすると、1つ設定を変更すると全ての照明に反映されます。1つづつ変えたい場合は「コピー」のほうにすると別々の設定にできます。今回は全て同じにしたいので「インスタンス」でOKをクリックします。

画像3

 

5.横巾の調整をします。角部分が暗くならないように少し巾は広めにしておきましょう。

画像4

 

6.反対側にもコピーします。位置の調整をします。

画像5

 

折り上げ天井の照明が完成しました。明るさはイメージに合わせて「強度」の数値で調整をしてくださいね。

静止画1_000

 

強度の数値はスライダーを動かすか、下記の部分をクリックして直接数値を入力することもできます。

無題

今日はここまでとします。次回のその2も是非ご覧ください( ^ω^)・・・

お知らせです

お知らせ

Twinmotion2022の動画をアップロードしました。是非ご覧ください。

 

 

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。udemy講師。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+Udemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で526名と累計1085名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-Twinmotion

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5