Twinmotion

Twinmotion2022 使い方/ Twinmotion Cloudでクライアントにプレゼンをしよう

  1. HOME >
  2. Twinmotion >

Twinmotion2022 使い方/ Twinmotion Cloudでクライアントにプレゼンをしよう

今回は、Twinmotion Cloudの使い方について解説します。

「Twinmotion Cloud」はURLとパスワードをクライアントに送ることでソフトがなくてもTwinmotionのデータを見ることができます。

パソコンの場合はマウスで、スマホでは指を動かすことで空間内を移動することができます。

それでは実際に使い方を見てみましょう。

Twinmotion CloudでURLとパスワードを取得する

①データが完成したら「クラウドへプッシュ」をクリックします。

画像1

 

「クラウドにアップロード中」の画面が表示されます。

画像3
 

しばらくして「エクスポート完了」になったら②の「Twinmotion Cloudを開く」をクリックします。

画像4

このような画面に切り替わります。右下にリンクのURLとパスワードが表示されます。右下の「コピー」をクリックします。

画像5

 

貼り付けでURLとパスワードがコピーされます。見せたい相手に送りましょう。

画像7

 

URLにリンクし、Twinmotion Cloud データを開く

1,URLにアクセスすると下のようなパスワードの入力画面が表示されます。パスワードを入力し、「プレゼンテーションに参加する」をクリックします。

画像8

 

2.「あなたをプレゼンテーションに接続しています」の画面が表示されます。

画像9

 

 

しばらくするとCloudデータが表示され、マウスの動かし方の画面が表示されます。

画像10

 

マウスの操作を読んだら右上の✖で画面を閉じます。

画像12

 

クラウドデータが表示されました。

画像11

 

Twinmotionのソフトの中のように自由に移動が出来ます。

画像14

 

 

もちろん外にも移動が可能です。

画像15

 

自分で移動が出来るので、空間が非常にわかりやすいですね。クライアントが喜びそうです。

プレゼンに是非活用したいですね。

 

おすすめの本 Twinmotionデザインテクニック wanimation著

 

 

お知らせです

お知らせ

Twinmotion2022の動画をアップロードしました。是非ご覧ください。

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。udemy講師。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+Udemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で526名と累計1085名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-Twinmotion

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5