Twinmotion

Twinmotion2022.2 新機能の紹介その1 バックドロップHDRI

  1. HOME >
  2. Twinmotion >

Twinmotion2022.2 新機能の紹介その1 バックドロップHDRI

Twinmotion2022.2がリリースされました。
皆さんはもうバージョンアップしましたか?
新たな機能が追加され、アセット数も増えていますので、忙しくて先延ばしになっている方は是非バージョンアップしてください。
今回は新機能からHDRI環境についてご紹介します。

HDRI環境

1)Libraryを開くと、以前は『sky dome』のカテゴリがありましたが、HDRI環境に変わりました。

 

 

2)クリックすると『空』『屋内』『屋外』『スタジオ』の4つのカテゴリに分かれています。

 

3)『空』は以前のSKYDOMEと多少変わっていて『日の出。日の入り』『午前と午後』『正午』に分かれています。

 

 

4)『日の出・日の入り』をクリックすると更に晴れる・曇り・オーバーキャストに分かれています。

 

 

5)『晴れる』をクリックしてみました。

 

6)使用をする時は設定→ライト→環境を選択し、『ダイナミックな空』をクリックして

 

7)スカイライトHDRIをクリックします。

 

 

8)このように空が変更されました。

 

9)LowSun Clear16を選択するとこのような空に変わります。

 

10)『屋外』を選択するとこのようなシーンが多数並んでいます。

 

11)屋内にはこのような画像が並んでいます

 

おすすめの本 Twinmotionデザインテクニック wanimation著

 

12)  このファイルでどのようになるか検証してみます。

 

 

13) Wooden Loungeを使用してみるとこのようになります。

 

 

14)  こちらはTeufelsberg Lookoutをダウンロードして使用した場合です。

 

 

15)  元の12の状態で『スタジオ』を使用すると光と影が表現されました。

 

 

16)  元の12の状態でバックドロップHDRIにするとこのようになります。

 

 

次回は引き続き別の機能についてご紹介していきます。それでは( ^ω^)・・・

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+Udemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で526名と累計1085名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-Twinmotion

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5