Twinmotion

Twinmotion2023.1Preview2がリリースされました

  1. HOME >
  2. Twinmotion >

Twinmotion2023.1Preview2がリリースされました

3月16日にTwinmotion2023.1Preview2がリリースされました。

Twinmotion2023.1Preview1からHOMEパネルに新たなテンプレートが追加されています。

ホームパネル

プロダクト用のテンプレートです。↓

新たなテンプレート

テンプレートを選択せずに新規作成した画面

画面がかなり変わりましたね。これまでドックのスペースが大きかったところがコンパクトになって編集画面が大きくなりました。

ドック

ドックはオンの時は青く表示されます。

ドックの左側にはライブラリと統計のアイコンがあります。

ドック左側

「ライブラリ」をクリックすることで、ライブラリパネルを隠すことができます。

「統計」をクリックすることで、ライブラリパネルを隠すことができます。
フレームレート、GPUとGPUの使用率、シーンの統計を表示します。

統計を表示
  

ドックの中央にはインポート、マテリアル、追加、メディア、エクスポートのアイコンがあります。

ドックの中央

アイコンをクリックすることで画面が表示されます。↓

インポートをクリックした時の画面

編集画面の中央にあるサンプルは、右側のシーグラフパネルのStaerting Baceを非表示にすると隠すことができます。

 

サンプルが非表示になりました。

 

 

ドックの右側

 

シーンをクリックすることで右側のシーングラフパネルも隠して編集画面を広くすることができます。

編集画面を広く表示した画面

 

「プロパティ」はビューポート内に選択されたアイテムのプロパティの表示と変更を行います。

 

 

 

XYZ」をクリックし、オブジェクトを選択するとそのオブジェクトの位置、角度、縮尺、サイズを表示します。ここでは車を選択しています。

 

XYZ表示例

「表示セット」は表示セットの作成と管理を行います。

 

以上HOMEパネルと作業画面についての変更点でした( ^ω^)・・・

お知らせ
5/15日に書籍が発売されます。ご活用ください。

『Autodesk® Revit® + Twinmotion®ではじめる BIM&建築ビジュアライゼーション』 | 学芸出版社 | 学芸出版社の書籍 book.gakugei-pub.co.jp
  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。建築系教員。各種講習の受講者は累計1327名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。メタバースの空間作成を始めました。

-Twinmotion

© 2024 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5