ヴァーチャルツアー

バーチャルツアーの作り方 その4:オススメアプリ3選ー1 RICOH THETA biz360

  1. HOME >
  2. ヴァーチャルツアー >

バーチャルツアーの作り方 その4:オススメアプリ3選ー1 RICOH THETA biz360

いままでのおさらい

バーチャルツアーの作り方について、その1からその3までを振り返ってみたいと思います。

バーチャルツアーの作り方その1で、バーチャルツアーを作成するには「カメラ」と「アプリ」が必要であることについてご紹介をしました。

カメラはRICOH THETAについてご紹介をしました。

バーチャルツアーの作り方 その1:カメラについて RICOH THETA

最近、VRの技術があらゆる分野で使用されるようになり、ネットニュースで見かけることも多くなってきましたね。今ではゲームの世界だけでなく、旅行、不動産、建築、医療の分野などさまざまな分野で活用されていま ...

続きを見る

その2では「Insta360 ONE X2」について、

その3ではMatterport pro2、Leica BLK360についてご紹介をしました。

バーチャルツアーの作り方 その3:カメラについて Matterport pro2・LEICA BLK360

バーチャルツアーの作り方 その3です。 『バーチャルツアーの作り方 その1』では、バーチャルツアーを作るには何が必要なのか、と360度カメラの「RICOH THETA」について解説しました。 『バーチ ...

続きを見る

今回はアプリのご紹介をしたいと思います。

Autodesk(オートデスク)

バーチャルツアー作成のおススメアプリ3選

バーチャルツアーを作成するアプリでオススメのアプリは

1.RICOH THETA biz360

2.Matterport

3.metareal stage

です。今回はその中でも1番目のRICOH THETA biz360についてご紹介をしたいと思います。

RICOH THETA biz360

1.RICOH THETA biz360の特徴

THETA biz360は操作がとても簡単で、マニュアルもしっかりありますので、初めてでも安心して使えます。

こちらがTHETAのバーチャルツアー作成画面になります。オンラインで接続してネット上で作成をしていきます。オフラインでの作業はできません。

2.ツアーの作成方法

①には平面図または配置図をドラッグアンドドロップします。

②には、使用するパノラマ画像をドラッグアンドドロップします。

 

画像を入れたら、②の画像を平面図の画像の位置にドラッグアンドドロップします。

全ての画像を図面に配置したら、後は方向を設定したり、次の画像とのリンクの設定をしますが操作はとても簡単です。

テロップをいれることもできます。

出来たツアーがこちらです。

いろどりプロジェクトバーチャルツアー

ツアーは、公開するとurlにアクセスすると見ることが出来ます。QRコードも発行されますので、それを見せたい人に送ってもいいですね。

URLをクリックするとこのような画面構成になっています。図面はクリックすると縮小ができます。

左下のー ー ーをクリックし、1つ1つの画像を表示することも可能です。

平面図はなしで作成することも可能です。

アプリは、平面図データを用意しておけば、撮影と同時にすることも可能ですし、

撮影後に作成することも可能です。パノラマ画像があれば、架空空間でも(CGの画像)バーチャルツアーが作成できます。

 

3.アプリの価格

アプリの価格は、

パーソナル 5,000円/月、スタート 10,000円/月、ビジネス 30,000円/月、エンタープライズ50,000円/月の4つのコースに分かれています。

違いは、公開上限数やライセンス数、ツアーのエクスポートができるかどうか、パスワード付きでツアーを公開できるかどうかなどです。

詳しくはこちらをクリックしてください

 

4.どのようなユーザーに適しているか

THETA biz360は操作がとても簡単なので、バーチャルツアーを業者に依頼しなくても自分で作成ができます。

マニュアルもとてもしっかりしています。使用は不動産の物件紹介、リフォーム業者の物件の紹介、店舗の紹介として、ギャラリーなどコストを抑えて簡単にできるものとして最適です。

 

次回は、Matterportについてご紹介しますね。

-ヴァーチャルツアー

© 2021 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5