BIM

Revitの使い方/Ver.2022・カーテンウォールの作り方その2/建具を入れるコツ

  1. HOME >
  2. BIM >

Revitの使い方/Ver.2022・カーテンウォールの作り方その2/建具を入れるコツ

前回は2022のバージョンでのカーテンウォールの作り方について解説をしました。今回は、間隔を指定する方法も加筆していますのでご覧ください↓

Revitの使い方/Ver.2022・カーテンウォールの作り方その1

続きを見る

「カーテンウォールの作り方その2」はカーテンウォールに「建具を入れる方法」について解説します。

カーテンウォールに建具を入れる方法は一つではありませんが、私が失敗がないのでいつも使用しているオススメの方法をご紹介しますネ。

手順

まず、カーテンウォールの建具をファミリからロードする必要があります。手順としては

①建具を挿入したいパネルを選択する。

②カーテンウォールのパネルに「挿入」でファミリから建具をロードする。

③システムパネルに建具を挿入する。

①パネルを選択するコツ

まず、パネルを選択します。ビューを建具を入れたいカーテンウォールのある面の立面図にしておきます。

パネルの横にあるマリオンにマウスを合わせておきます。下図では左側のマリオンを選択していますが、左右どちらでも構いません。

画像3

TABキーを何回か押していくと、挿入したいパネルの縁が青になりますので、青い縁がついたらマウスをパネル内でクリックします。

 画像3

画像3

パネルが選択されました。少しコツがいりますが、慣れるとこの方法がやりやすいです。

②建具をファミリからロードする

システムパネルを選択した状態で<挿入>タブの<ライブラリからロード>のAutodesk ファミリをロードをクリックします。

画像4

 

カーテンウォールパネルをクリックします。

画像4

 

「ドア」をクリックします。

画像4

 

使用したいドアを選択します。ここでは「両開きヒンジ1」をクリックします①。ロードをクリックします②。

画像5

これで建具を挿入する準備ができました。

③カーテンウォールに建具を挿入する

①の手順と同様に挿入したいパネルを選択します。

プロパティのタイプセレクタをクリックし、先ほどロードしたドアを選択します。

画像4

 

建具が挿入されました。

画像4

修正をクリックします。これで完成です。

窓についても同じ方法で挿入ができます。

 

RevitはBIMの代表的なソフトです。Revitを使えると大きな武器になります。是非マスターしましょう。

ソフトをまだ持っていない方は、AutodeskのHPからダウンロードしましょう。30日無料版があります。
Autodesk

Autodesk(オートデスク)

次回は、壁にカーテンウォールを埋め込む方法について解説をします。お楽しみに♪

お知らせです

「Revit+TwinmotionではじめるBIM&建築ビジュアライゼーション」を出版することになりました。

Revitでのモデリングから基本図面の作成、Twinmotionでのプレゼンまでの内容です。来年の1月出版予定です。

 

 

 

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。udemy講師。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+uUdemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で447名と累計1006名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-BIM

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5