Twinmotion

Twinmotionの使い方/No.1 起動・画面操作

  1. HOME >
  2. Twinmotion >

Twinmotionの使い方/No.1 起動・画面操作

はじめに

Twinmotionの使い方について起動時から順を追って解説していきたいと思います。是非、この機会にTwinmotionをマスターしてくださいね

(記事はTwinmotion2020で作成した画像です)

 

Twinmotionの使い方/No.1起動・画面操作

起動

1.Twinmotionを起動すると、下のような画面になります。

画像3

黄色の枠の中には、マウスとキーボードの操作方法について書かれています。PCゲームをされる方はわかるとおもいますが、

 

移動

キーボードの矢印キーは左にある矢印を押すことで右に、右にある矢印を押すことで左に移動します。また、アルファベットのAで右、Dで左に移動します。

画像4

上矢印を押し続けると手前に移動、下の矢印を押し続けると奥に移動します。Wで手前に、Sで奥に移動ができます。ホイールを転がすと前進、後退ができます。
画像10

画像11

 

 

 


上昇下降

Qで上から、Rで下からの目線になります。

画像7

画像8

マウスで右クリックを押しながらマウスを動かすと周囲を見回すことができます。
画像9
画像10
ホイールを抑えたままマウスを動かすとオービットができます。
画像11

まずは画面上にモデリングデータをインポートして手を動かしてみましょう。少し動かすとすぐにマスターできますヨ。

お知らせ

Twinmotion2022の動画をアップロードしました。是非ご覧ください。

 

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。udemy講師。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+Udemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で477名と累計1036名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-Twinmotion

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5