Twinmotion

Twinmotion2021・2022 使い方④『Twinmotionはじめの一歩』建物(地図)を取り込む方法

  1. HOME >
  2. Twinmotion >

Twinmotion2021・2022 使い方④『Twinmotionはじめの一歩』建物(地図)を取り込む方法

Twinmotionでは、位置の指定をして建物を取り込むことができます。これを知っていると周辺状況がボタン一つで取得できるので便利です。是非この機能を活用しましょう。

 

1.左下の周辺環境をクリックし①、右端の「都市」をクリックします。②

画像1

 

2.地図が表示されます。最初は海外になっています。右下に黒い〇の検索コマンドがあります。

ここをクリックし、取得したい場所を入力します。東京スカイツリー周辺を取得してみたいと思います。

画像2

 

3.例えば「sumidaku 」と入力をすると「sumida, TK, Japon」という候補が出てきますのでクリックします。

画像5

地図上でマウスを動かすことで移動ができますので取得したい場所に移動させてみます。

 

4.取得したい場所が決まったら、□をクリックし①、地図の範囲を選択し②、取得をクリックします③。

画像7

 

5.取得ができました。

画像8

 

6.計画建物を配置する場所に既存の建物がある場合はクリックして選択をしてDeleteキーを押すと削除することができます。

画像9

 

7.建物が削除されました。周辺建物を取得できる機能はうれしい機能ですね。

画像10

 

udemyで「現役BIM・CG講師が教えるTwinmotion2021・日本語版【入門編】練習用モデリングデータ付」の動画を出しています。

下記からアクセスして頂くと3/21まで1610円です。30分の入門講座でTwinmotionを使ってみたいと思っている超初心者の方に役立つ講座となっています。

現役BIM・CG講師が教えるTwinmotion2021・日本語版【入門編】練習用モデリングデータ付

  • この記事を書いた人

shiba

Digital Archi Creation代表。一級建築士。udemy講師。建築系専門学校講師。専門学校でのRevit指導137名(2016年4月~)+Lumionオンライン講習でRevit担当(2020年5月~9月)422名+uUdemyの受講者2020年12月より講座別受講者と企業様向け講習と合わせる数で447名と累計1006名。企業向けのファーストトレーニング(初級講習)も行っております。これから建築業界で活躍していきたい人を応援しています。

-Twinmotion

© 2022 Digital Archi Creation Powered by AFFINGER5